真・北斗無双の感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

真・北斗無双の感想・レビューです。
前作からの改善はあるものの、他の粗が目立つ作品でした。

shin_hokutomusou1

ちなみにPS3・XBOX360・WiiUで出てますが私がプレイしたのはWiiU版です。
ゲームパッドのみでもプレイが可能なので、私はWiiU版を選択しました。
内容はどの機種でも同じようです。

概要

北斗の拳を無双にしたゲーム第2弾ですね。

前作は謎のQTEや使用可能キャラ数が少ない、
全体的にモッサリ気味など多くの不評があった作品です。
前作のレビューも書いているので、気になる方は参考にどうぞ。

今作の目玉としてはやはり、使用可能キャラ数の増加ですね。
修羅の国編まで伝説編(ストーリーモード)に収録されていますし、
前半のキャラも追加されていて、キャラ数に関しては十分なレベル。

ゲーム内の分類に基いて使用可能キャラを書き出すと以下の通りです。
赤文字が今作からの追加キャラです。

  • 北斗神拳:ケンシロウ・トキ・ラオウ・ジャギ
  • 南斗神拳:レイ・シン・サウザー・ユダ・シュウ・フドウ
  • 北斗の軍:バット・リン
  • 北斗琉拳:シャチ・ヒョウ・カイオウ
  • 孤高の拳士:マミヤ・リュウガ・ジュウザ・アイン・ファルコ
  • その他:ハート・無法者(モヒカン)
  • DLC:アミバ・ハン・名も無き修羅

また、全体的に動きが機敏になっており、
前作のモッサリ感はかなり解消されています。

モードとしては大きく分けて2つ、原作ストーリー再現の伝説編と
原作の過去や物語の合間を埋めるオリジナルストーリーの幻闘編です。

全体的な出来としては悪くなく、確かに前作をやっていれば
かなり良くなったと感じる部分も多いのですが、
それと同じくらいバグや手抜きなどの粗を感じる作品でもあります。

良かったのは伝説編の出来・キャラ数の多さ・アクション面で、
悪かったのは幻闘編・バグ関係・フレームレートの低下などですね。

それぞれに詳しく書いていきます。

良かった点

これは前作から改善された点でもありますね。
不評だった部分は概ね手が加えられていたのは好印象です。

伝説編

原作再現という意味でもなかなかの満足度を得られる出来になっていました。

まずは演出面、マンガのコマを再現したような紙芝居的演出が入るのですが、
これが思っていたより良く出来ていまして。

グラフィック自体はムービーなどに比べると確かに劣りますが、
マンガ的な擬音が挿入されたりして、
マンガ原作という部分を改めて感じさせてくれる出来で。

容量的な関係もあったのかも知れませんが、
こういう工夫で上手く演出する事自体は私は好きですし、
中々上手くやったなと関心させられる部分でした。

shin_hokutomusou2
マンガのコマを再現したような演出。基本的に静止画ですが意外と良く出来てます。

また前作不評だったQTEに関しても改善されていました
全くないわけではないですが、イベントでのQTEは
制限時間などがない、あくまで演出でのボタン入力のみ。

ボス戦などで挿入されるQTEは条件を満たした際に発動、
原作再現のような感じでボタン入力に成功すると
相手の奥義を破ったりするような形。

原作再現の方は制限時間などもありますが、
難易度自体は低いですし、私は一度も失敗しませんでした。

特に奥義や技を破る演出の方は原作再現的な意味でも
「おおっ!」っと思わせるような出来で、珍しくQTEを苦に感じませんでしたね

そんな感じで演出面からQTEまで、上手く工夫されており、
ボリューム自体もかなりあるので伝説編は
かなり楽しめる出来になっていると思います。

北斗のキャラゲーの中ではかなりいい出来と言われるのは
この伝説編の出来の良さ故でしょう。

キャラ数の多さ

伝説編では基本的にケンシロウ視点なので、
キャラを選べる場面は少ないですが、
幻闘編などでは存分にそのキャラを使う事が出来ます。

キャラ数が多いのは単純に遊べる幅が広がるのでいいですね。
キャラゲーとしても大事な部分だと思います。

それぞれにキャラの特徴を捉えたアクションにもなっており、
らしさを感じる出来なのもグッドです。

これで幻闘編の出来が良ければもっと楽しめたとは思います。

アクション面

キャラ数の部分でも書きましたが、
そのキャラらしい動きが再現されているのが良かったですね。

リンが一人だけ別ゲーの如くボウガン撃ちまくりだったり、
ジュウザは変幻自在の拳らしさが出ているアクションだったり、
ユダは手数が多くシャッシャと敵を切り刻んだり。

shin_hokutomusou3
ボウガンを撃ちまくるリン。使ってて楽しいキャラでした。

前作でモッサリだったケンシロウも動きがかなり早くなっており、
伝説編でメインで使うキャラとしても問題なかったですし。

前作であったジャンプがないのはちょっと寂しい気もしますが、
不満と感じるほどではありませんでしたね。

概ねどのキャラも使っていて楽しいと感じられるのは何よりでした。

悪かった点

上記だけ見れば凄く良いゲームに見えますが、
この悪い点が見事に足を引っ張ります。
これらの粗がなければ本当にいいゲームになっていたのですが

幻闘編

伝説編は一度プレイしたら大体満足するので、
個人的にはこちらがメインモードなのですが、
驚くほど前作から改悪がなされていてガッカリしました。

まず拠点システム。
拠点のところにしか雑魚敵が沸かず、
移動もしない為、ひたすら走って拠点に行っては雑魚を倒すだけ

拠点にレベルが設定されており、レベルの高いところから
落とした方が救世主ランクというのが上がりやすいため、
レベルの高い拠点を落とす為に走り回る事になりますし。

一度落とした拠点からは味方の兵が出現し、味方は敵の拠点に攻め入るのに
何故か敵は味方の拠点に侵攻しないのも謎仕様。

前作は色々とミッション的なものが発動したりして、
ステージごとに違う楽しさがあったのですが、
今作はこの仕様のせいでステージが変わってもほぼ内容が同じです

いくらアクションがいいとは言え、
この仕様では流石に飽きが来るのも早いです。

また演出面でも中々の出来の悪さを見せてくれます。
先ほど伝説編では褒めたマンガのコマ的な演出が
幻闘編の方では驚くほど手抜き感が漂っていまして。

テキストと実際の絵面の不一致が特に萎えるポイントです。
例えばテキストでは「玉座に座ったサウザー」と書かれているのに
画面では突っ立っているサウザーが映っていたり。

アインの幻闘編では赤ちゃんを抱えた女性としっかり書かれているのに
画面に映っている女性は何も抱えていなかったり

これなら前作みたいに普通にナレーションが読み上げるだけの
テキストだけの方がまだマシだったレベルです。

何より手抜きで作ったように感じられて、酷く萎えたポイントでしたね。

バグ関係

こちらも結構酷いのが幾つかあります。
参考としてプレイ時間80時間程度で経験した回数も書いてます。
個人差もあると思うので回数は参考程度にどうぞ。

まずはフリーズ
具体的な条件は不明ですが、私は3回ほど経験しました。
私はWiiU版ですが、これは他の機種でも確認されているようです。

ただそれほど頻度は高くなく、セーブはこまめに行えるので
実はそれほど気になったポインではありません。

個人的に一番気になったバグは異音を発するバグです。
こちらは確か5~6回ほど起こりましたかね。

エンジン音のような音が異様に大きくなるパターンと
文字通りノイズのような異音が発生するパターンとありまして。

特にノイズのような音が発生する方がかなりビビりました。
最初は本体かスピーカーが壊れたのかと思いましたし。

電子音混じりのノイズのような音が発生するもので、
ステージを一度止める(途中保存して終了でもOK)と
解消されますが、かなり心臓に悪いバグです。

せめてこれらが改善するパッチなど当たるか期待しましたが、
そういう告知は一切なかったのでもう期待出来ないでしょう。

頻度的に言えばそこまで高くないですが、
特に異音関係はこれからやろうと思うのであれば
心構えとして知っておいた方がいいと思います。

個人的には音関係は特に気になるので、フリーズ以上の減点ポイントですね。

フレームレートの低下

いわゆる1秒間辺りのコマ数の事ですね。
これが60だと1秒間辺り60コマ、
30だと1秒間辺り30コマのコマ数があるという感じです。

このフレームレートが処理の状況に応じて
変化するシステムを採用しているようで、
処理が重くなるポイントでフレームレートが低下します。

個人的にフレームレートが戦闘中に低下する事自体、
いきなり動きがガクガクになる感じする上に
目が疲れる気がするので嫌いなんですが、
それが起こる原因に更にイラっと来まして

普通に敵の数が多いときに発生するのはまだ分かるんですが、
何より重くなる原因として味方兵が居る時が関係してるみたいです。

幻闘編の項目で味方の兵のみ敵拠点に攻め入ると書きましたが、
その味方兵が画面内に居るとかなり処理が重くなるようで
フレームレートがかなり下がるように感じました。

勝手に拠点を落とすという意味で、邪魔にしかならない味方兵が
快適さまで奪う
のはフラストレーションが溜まるポイントでした。

総評

せっかくの良くなった部分が、今作から出てきた粗で
見事に潰されてしまった感のある作品となっています。
3歩進んでも3歩下がってちゃ意味がありません・・・。

何より不満点の多くが作りの粗さに原因があるように感じられ、
制作側の適当さがにじみ出ているようで萎えるポイントでした。

原作再現である伝説編は良く出来ていますし、
キャラ数も多いので北斗の拳のキャラゲーとしては
かなりいい部類に入る
と思うだけに、勿体無い限りです。

オススメできる方としてはやはり北斗の拳が好きな人、ですかね。
ただ前作同様声優はアニメ版とは一切異なるので、
アニメ版北斗の拳に思い入れのある人は注意が必要です。

私のようにアニメはほとんど見たことがなく、
マンガの北斗の拳が好きな層であれば、
伝説編は中々に楽しめる出来になっていると思います。

まとめると、
北斗のキャラゲーとしてはいい部類であるものの、
やるほどに粗を感じる作品
といったところでしょう。

DLCについて

不満点は多かったものの、キャラ関係に関しては
良く出来ていると関心したのでDLCもキャラとステージは購入してみました。
簡単にその所感を記載しておきます。

尚値段に関しては私がWiiU版で買った時の値段を記載しています。

キャラ

アミバ・ハン・名も無き修羅が販売されています。
どのキャラもアクションが面白く、中々に楽しめる出来でした。

ただ若干高いのは気になりますね。
私は3キャラセット販売で1800円で買いましたが、
値段相応の価値があったかと言われればちょっと考えてしまいます。
(ちなみに1キャラずつ買うと一人800円)

ストーリーもついてこの値段だったらいいんですが、
幻闘編でのストーリーなどもありませんし。

単純にもっと幅広くキャラを使いたい、
原作の彼らに思い入れがある人などにはオススメですね。

ステージ

全10ステージが販売されています。
私はこれもセットで全て購入しました。

第3弾や第7弾のステージは唯一敵が無限沸きするので、
稼ぎなどには持って来いですね。

あとは第10弾も経絡図を多く入手出来たりするので、
個人的によくプレイしたシナリオでした。

それ以外は大体1度遊べば満足かなという程度。
1ステージ100円、セットで5ステージセットが450円で、
私は5ステージを2つとも買った形です。

こちらは値段相応、稼ぎなどが出来るステージもあるので、
やり込みたい場合などは結構お世話になります

ただ基本的には幻闘編の仕様通りのステージなので、
悪い点も同様なのにはご注意を。

コスチューム

これは私は購入してないので、感想などは書けませんが、一つだけ注意点を。

ラオウとカイオウは紹介画像などでは兜をつけていますが、
実際に使える時は兜を脱いだ状態での使用となるようです。

結構紛らわしい部分で、彼らの兜付きを使いたくて購入しようとすると
ガッカリする事になるので、そこだけは注意した方がいいでしょう。

あとは好みですね。
私はそれほど外見を変えたいと思わなかったので、購入には至りませんでした。

 

以上、DLCに関しての補足でしたが、
購入したステージ・キャラに関してはちょっと高い気はするものの、
内容的には私は満足出来ました。

粗はあるものの内容自体は結構面白い作品なので、
ゲーム自体をそれなりに楽しめた方はDLCも同様に楽しめると思います。

 

タグ

2013年3月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WiiU

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ