無双OROCHI2 Hyperの感想・レビュー

無双OROCHI2 Hyperの感想・レビューです。
PS3で200時間以上やっておきながら、ゲームパッドでのプレイが気になり購入。
基本的には同じなのでWiiU版の利点・欠点を主に紹介します。

orochi2hyper1

概要

全体的な作りについてはPS3版とほぼ同じなので、お手数ですが下記を参照下さい。

■無双OROCHI2の感想やレビュー
http://oretekigame.com/ps3/musouorochi2-review/

今作はPS3版に加え、新キャラ4人(うち2人はPSP版で追加されたキャラ)が
新たにプレイアブルとして追加。
神農・紅葉がWiiU版から、安倍晴明・レイチェルがPSP版からの追加です。

また、WiiUの特性を活かし、ゲームパッドのみでのプレイも可能
私が購入に至った理由はこれで、買って良かった理由もほぼこれです。

一応、新モードとしてカードをセットした上で対戦するデュエルモードも
搭載されてますが、あくまでオマケ要素と言った感じ。
格闘ゲームみたいな対戦をするモードですね。

これに関しては私が真面目にプレイする気がないので、
このレビューにおいては触れてません。

ゲームパッドでのプレイ

私的にはこれが出来ただけで、もう満足なレベル。
携帯機感覚で遊べる、据え置き品質の無双になっています。

無双の携帯機作品だと、どうしても映像の劣化があり、
そしてそれ以上に処理の問題で敵の数減少などが気になるところでした。

ですがWiiUは据え置き性能で、かつテレビ画面に映してるものを
そのままゲームパッドに映している形なので、処理や敵の数などは問題なし

流石に外で遊ぶことは出来ませんが、ゴロゴロしながら遊べる携帯機感覚で、
据え置きと同じ品質の無双が遊べるのは本当に嬉しい点でしたね。
これだけで買った甲斐がありました

orochi2hyper2
ゲームパッドで遊べるのが何より嬉しい。

映像もゲームパッド画面が十分綺麗なので問題なし。
音声もゲームパッドのスピーカーから出しても十分なぐらいでした。

私みたいにPS3プレイ済みでも、こういう遊び方がしたい人にはオススメです。

ただしステルスはPS3より少し気になる

これは多分PS3版をプレイしていたからこそ気になった点ですが、
敵がステルスになる(見えなくなる)数がPS3より多く感じました。

ゲームパッドがどうこうの問題ではなく、本体側の処理の問題でしょう。
WiiUでの初作品なので仕方ない気もしますが・・・。

高難易度での特に弓兵のステルスは死に繋がる部分なので、
それが増えるのはやはりストレスを感じるところ。
今後アップデートで改善する可能性もありますが、処理の部分なので微妙なところ。

PS3をプレイしてない方であれば、気になるほどではないかも知れません。
あくまで比べてしまうと感じる部分です。

新キャラについて

4人の新キャラ、モーションなども新しいものではありますが、
そもそも無双OROCHI2はキャラ数が多すぎて、
4人増えたぐらいではあまり変化が感じられなかったりします。

本筋のストーリーはPS3と共通なので、新キャラが絡むことはありません
それぞれの加入ステージの追加と、
既存キャラとの会話イベントの追加ぐらいですね。

私はPSP版未プレイなので、PSP版での追加キャラも含めて4名ということです。
一応ひと通り使ったので簡単な感想を記載しておきます。

神農

仙界のキャラなのでOROCHIオリジナルキャラですね。

性能は非常に高く、適当にチャージして影技でキャンセルしてるだけで十分。
範囲は前方のみですが広範囲、チャージもC4が複数回属性が乗ったりで高性能。

スキルも臨死復活と、事故対策になる強キャラ系スキル。
他の所持者が真・遠呂智とスサノオさんな事からも強キャラなのがわかります。

加入ステージでの弓兵の多さも印象に残る人ですね。

紅葉

リュウ・ハヤブサと同様NINJA GAIDENシリーズからの参戦。
私は未プレイの作品です。

神農と打って変わって、非常に使い勝手が悪い。
全体的に範囲の狭い通常攻撃、やはり範囲が狭く中々属性の乗らないチャージ。

C5が唯一まともな性能してますが、それ以外は全体的に残念性能。
伸長つけてもう少しリーチ伸ばせれば多少マシに・・・なればいいなぁ。

強い弱いで言ったら間違いなく弱い方でしょうが、
その分使いがいはありそうなので、これから高難易度で色々試したいですね。

安倍晴明

無双OROCHIオリジナルキャラですね。
彼とレイチェルはPSP版で追加されました。

神農と同じく、強キャラ系スキルの臨死復活持ち。
使ってみてもやっぱり強い

通常攻撃、チャージ攻撃共にヒット数が多く、合体技ゲージがモリモリ溜まります。
C5が属性複数回発動するみたいなので、攻撃力も問題なし。

何より式神を操って攻撃する様が中々格好良く、
個人的には新キャラの中で一番使ってた楽しいキャラです。
強くて楽しいキャラという意味では良キャラですね。

レイチェル

こちらもNINJA GAIDENシリーズからの参戦。

なんというか、新キャラの中で一番凡庸
三国タイプでチャージに無難に一回属性が乗るタイプ。

範囲は若干狭いものの、パワータイプなのである程度はごり押せます。
ただやっぱり何となく地味

タイプアクションとEX以外でも銃をガンガン撃ってくれた方が
面白いアクションになってた気はしますね。

総評

多少ステルスはPS3より悪化してるものの、
ゲームパッドでプレイ可能な点がそれを補って余りある楽しさ

私みたいに携帯機でダラダラ遊びたい、でも質が下がるのは嫌
そんな方に超オススメの無双作品です。

これからのゲームパッドを使えるゲームへの期待も高まる、
そんな無双に仕上がっていました。

新キャラに関しては目当てで買うほどではないにしろ、
キャラ自体は悪くない感じですね。
もうちょっと個性的なアクションにしても良かった気はしますが。

特にPS3などでプレイした事がない方でWiiUを持っていれば
是非オススメしたソフト
ですね。

※追記:PS3版とのロード時間の比較

WiiU版の方がロードが早いとのコメントを頂きましたが、
体感的には私は特に差を感じなかったので、一応検証してみました。

条件は以下の通り。

  • PS3版はインストール済み、WiiU版はDISCからの読み込み(DL版ではない)
  • 単位は秒
  • それぞれボタンを押した瞬間から計測スタート
  • ロード完了音であるジャキーンが聞こえた瞬間に計測ストップ
  • 手作業での計測なので多少の誤差は出る
  • メンバーは推奨メンバーで固定
  • ステージのロードは戦闘前準備から始まるので、難易度選択後から計測開始
  • 戦闘前準備画面ではすぐに完了を選ぶ

長々と書きましたが、要は同じ条件で計測したと言うことです。

PS3はインストール済み、WiiUはディスクからの直接読み込みなのも注意です。
WiiUはインストールはありませんし、DL版は持ってないので比較出来ません。

結果は以下の通り。

選択内容

WiiU(ディスクからの直接読み込み)

PS3(インストール済み)

①フリーモード選択→陣地 18.27s 18.49s
②夷陵の戦い改変後選択時 20.94s 24.96s
③陣地へ戻る選択時 16.77s 14.31s
④夷陵の戦い改変後選択時 22.82s 21.54s
⑤陣地へ戻る選択時 17.43s 13.37s
⑥夷陵の戦い改変後選択時 22.57s 19.99s
⑦陣地へ戻る選択時 17.14s 13.62s
⑧大阪城の戦い選択時 21.97s 19.84s
⑨陣地へ戻る選択時 17.37s 13.32s
⑩大阪城の戦い選択時 21.96s 18.48s

 

平均値

WiiU(ディスクからの直接読み込み)

PS3(インストール済み)

陣地へのロード 17.39s 14.62s
ステージへのロード 22.05s 20.96s

一応平均値ではPS3に軍配が上がっていますが、まあ誤差でしょう。
WiiUはディスクからの読み込みなのを考慮すると非常に早いですが、
PS3はインストール前提なのもありますし。

PS3は初回以降早くなってるのも特徴ですね。
メモリにあるデータを使ったりしてるのでしょうか。
WiiUは初回から全て同じようなロード時間です。

結論としては、ディスク版でほぼ同等、という感じでしょうか。
DL版ならPS3を上回るかも知れませんが。

どの道そこまで気になるほどの時間ではありませんね。
ほぼ差もない、と考えていいでしょう。

 

タグ

2012年12月28日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:WiiU

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. くらな より:

    WiiU版はロード読込時間が速いことも触れて欲しかったね

    • がく より:

      くらなさん、コメントありがとうございます~。

      私は体感的には特に違いを感じられなかったので一応検証して追記しておきました。
      環境によっても変わる部分なので一概には言えませんが、私の環境ではほぼ同じでしたねー。
      くらなさんはDL版でのプレイだとしたら、WiiU版の方が早そうなところです。


レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ