戦国無双3Zの感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

戦国無双3Zの感想やレビューです。
プラチナトロフィーまで獲得後も遊んでいたぐらいハマった作品です。

sengokumusou3z_1

概要

戦国無双シリーズ第3作目。

Zのついてる今作はWiiで発売された戦国無双3に、
追加要素である猛将伝の内容も同梱されたものです。
一本でWii版の戦国無双3+猛将伝という形ですね。

唯一Wii版にあった村雨城というモードのみ入っていません
(メーカー的な都合上)。

Wiiを持っていなかった私は、PS3版の発売が決まった時は非常に嬉しかったです。
購入のきっかけも勿論それです。

今作は影技(えいぎ)というアクションが追加されたのが大きな変更点です。
他のアクションは従来通りの通常攻撃とチャージ攻撃ですが、
攻撃を当てる毎に溜まる練技ゲージというのを消費して影技を出すことが出来ます。

影技は相手のガードを弾くことができ、
どんな技からも当たっていればキャンセルで出せるので
アクションの幅を広げてくれます

また練技ゲージMAX時に無双奥義を出すと皆伝が発動でき、
締めに強力な技を繰り出してくれます。

今作の目玉はそれらのアクション要素ですね。
私にとってはストライクで非常にハマった作品です。

とにかく戦闘が面白い

無双と言えば一騎当千アクションと言う事で、
やはり敵を蹴散らして行く爽快感を求めて
プレイされる人が多いでしょう。

ですが戦国無双3は若干その傾向から外れているかも知れません。
敵の攻撃頻度がかなり高で、また武将などはガードも固く
適当に攻撃を連打しているだけだと難易度普通でも苦戦させられるでしょう。

この時点で戦国3はクソゲー!という人が出るのも分からなくもありません。
ですがそれらの要素は練技ゲージと影技の存在で上手く補う事ができます。
と言うか、影技が導入されたからこそガードも固くなったのでしょう。

攻撃を当て、ヒット数を稼ぐほど練技ゲージは溜まりやすくなり、
そうなると影技をバンバン出せるのでガードもこじ開けられます。

雑魚戦でも攻撃してて食らいそうな時などは影技でキャンセルすることで逃げたり、
潰して攻撃したりが出来るでしょう。

若干難易度を上げている要素ではあるものの、
使いこなせれば今までの単調だった無双よりも断然戦闘を楽しめます。

装備を揃えればヒット数継続の時間を延ばしたり出来るようになり、
更に影技や皆伝をバンバン使う戦闘を楽しめるようになるでしょう。
私にとってはそれらを駆使して高難易度に挑むのが一番の楽しみでした。 sengokumusou3z_2 
皆伝も戦略に組み込めるとより楽しい。

不満点

戦闘は多少難しいものの楽しいので無双としては概ね満足なんですが、
その他の要素で残念ながら不満な点もありました。

味方が弱い

おそらく今作で一番酷いと言われている点でしょう。
士気ゲージの廃止も響いてか、とにかく味方が敗走しまくります。

一応撃破効果(後述)やミッションをこなす事で、
ある程度戦況が有利に運ぶようには出来ているのですが・・・。

それでも補いきれないぐらい、基本的に味方が弱いです。
あちこちで「救援要請」だの「苦戦!」だののメッセージが出るのは
気分のいいものではありません。

更に酷いのが難易度が低い程味方も弱という点。
これが一番ハマりやすい罠だと思います。

特に負け戦的な戦いでは味方が元々敗走しやすいのに、
難易度を下げることで更に弱くなって、気がつくと壊滅してるなんてことも。

前述の通り若干戦闘の難易度が高いので難易度設定を落として遊ぶと
この罠にハマり逆に苦戦することさえあります。

特にくのいち最終話などは難易度普通よりも易しいの方が
難易度が高いとよく言われますね。

撃破効果

特定の条件を満たした上で対象の敵を倒すことで得られる撃破効果。
増援が出現したり、武器や防具を入手出来たりします。

基本的にアクセントになってますし、
うまく発動させていく楽しみも勿論あるのですが・・・。

プラスの条件ではなくマイナス条件の撃破効果の存在意義が分かりません。

ここでいうプラスの条件というのは

  • 「特定ヒット数以上で倒す」
  • 「特定味方生存状態で倒す」

逆にマイナス条件は

  • 「特定ヒット数以下で倒す」
  • 「味方数〇〇以下で倒す」

などです。

プラス条件を満たす為に試行錯誤するのはそれなりに楽しいのですが、
マイナス条件を満たすためにわざと攻撃をやめたり、
味方を敗走させたりはストレス以外の何者でもありません

酷いものでは「体力が赤い状態で撃破」の為に
自分から敵に殴られにいく必要があったり・・・。
sengokumusou3z_3
レア武器を取る上でも立ちはだかったマイナス条件撃破効果。

プラス条件の撃破効果のみであればチャレンジ要素として楽しめたと思います。

良くも悪くも時間がかかる

今作は創始演舞というモードがあり、レア防具はそこで手に入れる事になります。
それがどうしても時間がかかってしまいます。

前述の難易度の高さの関係もあって、いつもの無双のように
軽い気持ちで遊びたいという方には向いてない作品だと思います。
ある程度いい技能のついた防具がないと高難易度の攻略もより大変になりますし。

逆に言えば、かなり長く遊ぶことの出来る作品でもあります。
ストーリーだけでも相当な量がありますし、

ボリュームという意味ではかなりのものです。
トロフィー集めるのも大変ですが、苦労する分達成感も味わえます。

無双オロチ2などに比べるとヘビーユーザー向けの無双でしょう。
私はトロフィーコンプまで200時間弱、
その後もプレイして240時間ぐらいはやってます。

若干とっつきにくい作品だと思うので、簡単な攻略も記載しておきます。

ワンポイント攻略

やはり今作から導入された影技の使い方が大事になってきます。
対武将戦ではガードを崩す為に積極的に使って行きたいところです。

その為にも練技ゲージの溜め方が重要になります。
ヒット数が多いほど練技ゲージはたまりやすいので、
ヒット数の継続がポイントです。

「連撃」(ヒット数継続の時間が長くなる)付きの篭手を入手したら
優先してつけておくと、目に見えて練技ゲージの回りがよくなるでしょう。

ついでに「乱撃」(ヒット数が多いほど攻撃力増加)もあると、
練技ゲージを溜めるためのヒット数継続が攻撃力増加にも繋がります。

また皆伝の性能の高い(攻撃範囲が広い、ヒット数が多い)キャラは
積極的に皆伝も使いましょう。

皆伝使用で増えたヒット数を継続したまま、
次の攻撃を当てることで練技ゲージは簡単に回復出来ます。

ステップ(L1押しながら×)の性能がいいので、離脱にはこれが便利です
敵の攻撃頻度が結構高いので、囲まれたらこれで一時離脱した方がいいです。

難易度設定に関しては易しいでもいいですが、味方が敗走して負けるようであれば
難易度を普通にあげる方が結果として楽になったりします。

殲滅力が低いキャラクターは馬上無双での雑魚蹴散らしも
覚えておくといいかも知れません。

総評

ボリュームたっぷり、歯ごたえのある戦闘が売りの無双だと思います。
戦闘はコツを掴むまで苦労するかも知れませんが、
戦い方が分かるとグッと面白なります。

不満点もあるものの、それ以上に楽しめる戦闘が魅力でした。
キャラ数も多いので自分に合うキャラで詰めていくのも楽しいですね。

 

タグ

2012年7月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:PS3

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ