無双OROCHI Zの感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

無双OROCHI Zの感想・レビューです。
無双OROCHIと魔王再臨のセット+追加要素の作品です。

musouorochiz1

概要

三国無双と戦国無双の融合を果たした無双オロチシリーズ。

無双オロチシリーズはPS2にて、
無双OROCHIと無双OROCHI魔王再臨が出ていました。
(以降、無印と再臨と呼称)

その二つの内容を合わせて、
追加要素を加えたのが本作オロチZ
です。

無印・再臨ともに三国無双4、戦後無双2からの参戦という形ですので、
キャラクターやアクションもそれらに準拠したものとなっています。

特筆すべきは2本のソフトを合わせ、更に追加要素も加わったが故の
圧倒的なまでのボリューム
全てをひと通りクリアするだけでもかなりの量を遊べます。

キャラクター数は続編のオロチ2には流石に劣りますが、
それでもかなり多く、遊びがいもあります。

また追加要素として、ドラマティックモードのステージ追加、
敵の数の増加などが挙げられます。

ストーリーモードとドラマティックモード

ストーリーが本編の話、
ドラマティックが1ステージのみの夢の共演ステージ、といった感じです。

やりがいのあるストーリー

無印のストーリー、再臨のストーリー、
双方を全て収録しているので、量的にもかなりやり甲斐があります

ですがそれ以上にこの頃のストーリーは結構面白く、
個人的にストーリー自体を楽しめたので、
物語を追うという意味でも楽しめるでしょう。

無印ストーリーは魏・呉・蜀・戦国の4つに分かれます。
一つの勢力につき、全8ステージ+外伝7ステージという構成。

再臨ストーリーは魏・呉・蜀・戦国・オロチの5つに分かれ、
一つの勢力につき、全8ステージという構成。

勢力別に分かれてますが、そこに登場するキャラが勢力とは異なったりします。
魏のストーリーに戦国や呉・蜀のキャラが登場して仲間になる感じですね。

特に無印ストーリーはオロチシリーズのなかでも
一番話として面白かったのは印象深い
です。

オロチが現れて三国と戦国の世界を融合、
圧倒的な力で滅ぼした後、
残った勢力が少しずつ仲間を集めオロチに立ち向かう。

分かりやすい話ですが、絶望的な状況から徐々に力をつけ、
仲間を増やしながらオロチに立ち向かえるようになる展開は
王道で盛り上がり、燃えるシナリオです。

かなりの量のドラマティックモード

こちらは再臨の時に加わったモードで、
ステージ毎にコンセプトに基づいた話が展開される形ですね。
アニメで言う一話完結の話みたいな感じです。

再臨の時のステージは勿論、Zで追加になったステージも多く、
こちらもボリュームがあります。

musouorochiz2
ドラマティックモードも全40ステージとかなりの量。

また再臨の時はチームが固定でしたが、
ストーリーと同じくチームも自由に編成出来るようになったのも
大きな変更点でしょう。

ギャグ系のシナリオから、ストーリーの補足のシナリオまで内容は様々。
補足のシナリオに関しては本編の理解が深まるのがいいですね。

戦闘システム

戦闘システムは通常攻撃とチャージ攻撃の三国4・戦国2準拠のシステムです。

武器に関してはオロチシリーズ恒例の
武器を融合し鍛えて、 好きな属性をつけていく形ですね。
属性が乗る攻撃が主力になるのもいつも通りです。

注意点としては、バランスなどの調整は
再臨の時のものに準拠しているということです。

私がそうだったように、無印時代のバランスが好きだった人は、
再臨の調整になっているので少し残念に思うかも知れません。

無印時代は高難易度がより死にやすい調整になっていたのと、
キャラ毎の属性の乗るチャージが極端で、ぶっ飛んだキャラと
やたらと厳しいキャラがハッキリしていました。

そこに妙な中毒性を見出してた私としては無印時代の調整で
再臨をプレイしてみたかったということですね。
全体的なバランスを考えると妥当な判断だとは思いますがw

敵の数が増加

これが目に見えて変わった分かりやすい変更点ですね。
具体的に言うと約2倍に敵の数が増えています

今までは5人の小隊を組んでいた雑魚敵が
Zでは10人の小隊を組んでいますので。

実に単純な変更点ですが、PS3のマシンパワーもあってか、
数が増えても処理落ちが特に感じられなかったのは良かったですね。
単純に爽快感が増す変更点だと思います。

musouorochiz3
ワラワラ感は中々のもの。

高難易度だと、雑魚が増えてる分若干難易度が上がってるのも、
やり甲斐があるという意味でプラスでしょうし。

オススメしたい人

無双シリーズが好きな人であれば、
特に問題なくプレイ出来るバランスと物語になっています。

特にストーリーに関してはオロチ2よりも無印や再臨の方が
私は面白いと思うので、物語を堪能したい方にオススメです。

無印・再臨ともにプレイした事がある人にとっては、
追加要素はあるにせよ、内容はほぼ同じなのでマンネリ感はあるかも知れません。

無双オロチ2をやって、その前の作品がやってみたい方にもオススメですね。
これ一本で無印と再臨、両方のシナリオが満喫出来ますし。

総評

ある意味では焼き増し商法とも言えなくはないですが、
追加要素・移植度含めてかなり出来のいい作品となっています。

無印・再臨ともにやった事がなければ、
そのボリュームと元のシナリオの面白さもあって、かなり楽しめるかと。

少し前の作品にはなりますが、そこまで古い感じもしません。
今やっても違和感なく遊べるのはいいですね。

個人的なイチオシの部分はやはり無印のストーリー
これに関してはたまにプレイしたくなるぐらい好きな話でした。
特に魏と戦国のストーリーはオススメです。

 

タグ

2012年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:PS3

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ