ファイナルファンタジー13-2の感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

ファイナルファンタジー13-2の感想・レビューです。
エンディングで色々台無しにしてしまった作品です。

ff13-2_1

概要

ファイナルファンタジー13続編に当たる作品になります。
同様のタイトルの派生作品が出た10と10-2の関係の様に、
世界観や登場人物そのままの続編ですね。

今作の主人公は前作主人公ライトニングの妹セラ。
未来からやってきたという青年ノエルと共に、
世界の崩壊を防ぐために時空を超えた旅をする、という感じです。

タイムパラドックスモノ、と言えば通じるでしょうか?
同様に時間を旅するゲームだとクロノトリガーが有名どころですね。

戦闘システムは前作同様にロール(役割)を切り替えて戦う形です。
今作からの要素としてはモンスターを仲間にする事が出来る点ですね。
戦闘に参加するのがセラ・ノエル・モンスターで固定となっています。

敵を倒した際にそのモンスターがクリスタルを落とす事があり、
それでそのモンスターが使えるようになる形です。
主人公たち同様、モンスターにも育成要素があります。

秀逸なグラフィックと素晴らしい音楽は前作同様の部分ですね。
特に音楽は前作13からの既存の曲と今作13-2からの新しい曲
それぞれの使い方が上手く、一番良かった部分だと思います。

あくまで続編モノ

詳しいレビューに入る前に一点だけ。
本作は続編モノなので、当然ですが
前作をやっていないと意味不明な部分が多いと思われます。

特に物語に関しては前作をやっていても
理解が追いつかない部分が多々あるというか・・・。
やっていなかったら何を話してるかすらわからないレベルかと。

一応前作の流れを追うような文章なども用意されていますが、
やはり、やるなら前作をプレイしておくのが一番でしょう。

戦闘システムなどもほぼ同様なので、
前作をプレイしておけばすんなり入れるとおもいます。

前作(ファイナルファンタジー13)のレビューはこちら

映像・音楽の良さは変わらず

何より良かった点はここですね。

映像に関しては前作のクオリティとほぼそのまま
時空を旅して行ける世界は前作でも行った場所から
初めて訪れる場所まで様々ですが、映像の綺麗さは相変わらずです。

ff13-2_2
グラフィックは相変わらず秀逸。

音楽も同様にかなりいい出来でした。
前作と同じ音楽と今作からの新しい音楽、
両方が用意されていたところが好印象でしたね。

例えば前作でも訪れた場所であるサンレス水郷なら、
最初に訪れた時には今作で追加された方の音楽がかかり、
場面が変わってから前作の方の音楽が流れたり。

他にも訪れる時代によって前作の音楽が流れたり、
今作からの音楽が流れたりと、
その使い方を含めて音楽には特に楽しませてもらいました

一長一短な戦闘システム

戦闘システムに関しては前作と同様の部分が多くあります。
ロールであったりブレイクゲージであったり。
前作でいうオプティマに当たるパラダイムシフトというのもそうですね。

これらの詳しい解説についでは前作のレビューを参照いただければ幸いです。
今作はこれらのシステムに仲間モンスターを組み込んだ形になっています。

モンスターを加えた戦闘

主人公であるセラとノエルは前作同様、
それぞれのロールが設定でき、様々な役割をこなせます。

ですがモンスターはその種類毎にロールが1種類で決まっており、
パラダイムシフトの編成の時にはモンスター自体をセットしていく形になります。

例えばベヒーモス(アタッカー)とケットシー(ヒーラー)が居て
それぞれを組み込んだパラダイムシフトを編成しておけば、
戦闘中に切り替える事でモンスターそのものが切り替わる形です。

ff13-2_3
編成画面。主人公2人がロールを設定するところをモンスターはそのものをセットする形。

モンスターは種類によって覚えるアビリティや攻撃タイプが異なり、
同じロールでも個性があります。
それが集めたり育てたりする楽しさに繋がっていますね。

バランスで言えば前作の方が好み

そのモンスターを加えた戦闘という試み自体は面白かったですし、
モンスターの収集・育成という楽しみはあったのですが、
戦闘自体の単純な面白さで言えば個人的には前作の方が良かったですね。

特にセラ・ノエルが覚えるアビリティが若干不足気味でして。
エンハンサー(強化系ロール)で覚えるアビリティに
特に重要なものが抜けていて、そこをモンスターで補うしかなかったり。

途中の段階ならともかく、最終段階においても覚えられないのは
ちょっと不自由な感じ
がしました。

モンスターは種類ごとにロールは決まってますし、
セット出来るモンスターは3種までなので幅に限度はありますし・・・。

前作は最初の方の自由度はかなり低かったですが、
最終的に戦闘の自由度は結構高くなったので、
今作も最終的にはそれぐらい自由に遊ばせて欲しかったですね

序盤の自由度は本作の方が高いのですが・・・。

いくつか気になったシステム面

他に遊んでいて気になった点をいくつか。

ロード時間の長さ

本作はインストール非対応で、ロード時間が長いです。
年代と時代を選び、そこに行くときと選択画面に戻る時に
長いロードを挟むような形になります。

単純なロード時間で言えば前作と変わらないのでしょうが、
(前作も最初の読み込みやステージが切り替わる時に長いロードがあった)
今作はそれを頻繁にこなさないといけない為に気になった点です。

例えば現在のある場所で依頼を受けると、次は未来へ行き、
その次は過去へ行き、なんて事が割とあります。

フラグメントと言うものを集めていく収集要素があるので、
それを集めようとすると特にあちこちを飛ぶことになります。

その度に長いロードを挟むのは流石にちょっとストレスでしたね。
前作は頻繁にステージが切り替わる事はなかったので気にならなかったですが。

QTE

シネマティックアクションと呼ばれるQTEが存在します
ムービー中に画面に表示される指示に従ってボタンを押していくアレです。

私がこのシステム自体が嫌いなのもありますが、
やっぱり必要性を感じなかった部分ですね。

モンスターの特殊アビリティを発動する際に入力するぐらいならいいんですが、
やはりムービー中にこれを入れる必要があったのか、と思ってしまいます。

前作でムービーゲーという評価をされたために、
操作する要素をムービー中に入れたのかも知れませんが、
蛇足以外の何物でもないでしょう

ムービー中はゆっくり眺めさせて欲しかったですね。

物語に関してはお察し

これに関しては前作よりもひどかったような・・・。
全てはエンディングのせいな気もしますけど。

エンディングについて言及する為、ネタバレ注意です。

とにかく終わり方が酷い

終わり方が酷い、というか終わりませんでした・・・。

普通にハッピーエンドっぽい雰囲気になっていたのに、
やっぱりダメでしたと言わんばかりに世界が崩壊する感じになり、
画面に表示される文字は「TO BE CONTINUED…」

これ、事前知識なかったらもっと「ハァ?」となっていたと思います。
私は事前にこういうエンディングだと知っていたので幾分マシでしたが、
展開的にもやっぱり酷いモノでした。

この13-2というゲーム、マルチエンドを採用しているので、
続きを描いたエンディングが条件を満たせば出ると思いがちですが、
「続く」が13-2の正式なエンドとなります。

他のマルチエンドは基本的にいわゆるIF的な展開のもの。
13-2のエンドとしては「続く」が正解なわけです。

実際、3部作の最後の話であるライトニングリターンズも
このレビューを書いている時は既に発売が決定していますし。

それにしたって、もう少しマシな終わらせ方があったと思うのですが・・・
今作は一旦ハッピーエンドで締めて、
次回作の冒頭で実はこうなってた、の方がまだ良かったかと。

完結することすら放棄してるように見えて
やはり物語としての評価は最低ランクでしょう。
前作の方がまだ終わってただけマシだと思います。

個々のエピソード自体は思ってたより楽しめただけに、
このエンディングは色んな意味で酷いものでした。

総評

エンディングが全て、とは言いませんが、
とにかく終わり方のせいで悪い印象が拭えません。

次回作であるライトニングリターンズのストーリーが
予想の斜め上をはるかに超えるぐらい面白く無い限り、
この評価は覆せないと思います。

戦闘システムや仲間モンスターなどのシステムは悪くなかったですし、
それぞれの時代で繰り広げられるエピソードは
思ってた以上に面白かっただけに実に残念な形ですね。
映像や音楽は文句なしの出来なのに・・・。

この終わり方を覚悟した上でかつ、前作もやっていて、
前作の戦闘システムが楽しかった!という人なら
やってみるのも悪くないと思います。

ただオススメ、とまでは言い切れないのがプレイした上での正直な見解。
覚悟してても完結しないのはやはりダメでしたね・・・。

次回作でどれだけ挽回出来るかに期待したいところです。

 

タグ

2013年2月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:PS3

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ