デビルメイクライHDコレクションのレビュー・感想

[著:がく(副管理人)]

デビルメイクライHDコレクションのレビュー・感想です。

DevilMayCryHD1

概要

3Dアクションゲーム、デビルメイクライの1・2・3を収録した
HDリマスター作品です。

デビルメイクライはスタイリッシュアクションという
名前で有名な3Dのアクションゲームです。
実際その動きはかなりスタイリッシュな格好良さがあります。

初代でもあり、比較的硬派なアクションのデビルメイクライ。
敵や剣のアクションなどから微妙と言われる事が多いデビルメイクライ2。
今でも尚人気を誇り、アクションとしても面白いデビルメイクライ3SE。

それらが一本で遊べるようになっています。

私は初代だけプレイした経験があったので、
未プレイの2と3をプレイする為に購入しました。

リマスター作品としては問題の多い本作ですが、
3をプレイ出来ただけでも買った甲斐はあったと思えた程。

また評判の余り良くない2もそこそこ楽しめました。

リマスターとしては酷い出来

HDリマスター作品として、その出来に疑問に感じる部分が多々あります。

プリレンダムービーの粗さ

プリレンダと言うのは、通常のゲーム画面とは別に作られたムービーの事です。
逆に通常のゲーム中と同じ形で作られたのがリアルレンダムービー。

このプリレンダムービーが何故かHD化されてないのではないかと
思うほど粗い出来になっています。

通所のゲーム画面はHD化されているため、リアルレンダムービーは
問題なく綺麗なのですが、それゆえに余計に汚く見えてしまって

プリレンダで作られる部分は凝って作られている箇所が多いので、
盛りあがる部分のムービーほど粗いという非常に残念な事に。

HDリマスターを謳ってる本作でこの出来は余りに酷いでしょう。
プレイに関わる部分ではありませんが、盛りあがるシーンほど
綺麗な画質で見たかっただけに残念です。

フリーズなどの不具合

報告として非常に多いので記載しておきます。
私もこのレビュー用の画像を撮影している際に遭遇しました・・・。

特に3のムービー後にフリーズ報告が出ています。
暗転したまま操作を受け付けなくなるという形ですね。
私も起こったのは3のムービー後でしたね。

こまめなセーブをしていないと当然それまでのプレイがパーになるので
プレイする上でも気をつけた方がいいでしょう。

そこまで頻発すると言うわけでもありませんが、
起こりうるという事は知っておいた方が心構えが出来ますし。

これらのせいで移植・リマスタリング作品としては最低クラス
ムービーの粗さは特に酷く、
HDリマスターとは何だったのか・・・と思わずにはいられません。

プレイする作品の切り替えが一度ゲームを終了しないと出来なかったり、
コレクション作品としてもちょっと・・・と思う点もありますね。

収録作品自体の面白さはそのまま

リマスター作品としては最低クラスですが、収録されている作品自体が面白い為、
ゲームとしての面白さは十分あります。

特に3の面白さはかなりのもの。
作品毎にトロフィーがあるのですが、3のみプラチナ獲得までプレイしましたね。

以下は作品ごとの簡単な解説と感想です。

デビルメイクライ1

初代デビルメイクライは他の2作に比べて、
難易度など含めて硬派な印象ですね。

死んだ場合もその場からコンティニューするにはアイテムが必要で、
それがない場合はミッションの最初からやり直しに。

その難しさも含めて従来のアクションゲームらしい楽しさ
感じられる作品になっていると思います。
ボス戦なども苦戦する分、倒した時の達成感はありますし。

デビルメイクライ2

この作品は逆に他に比べて簡単な印象があります。

アクション、特にスティンガー(ダッシュ突き)のモーションが
カッコ悪かったりと、評価が低い理由も頷けます。

敵も悪魔に乗っ取られた戦車やヘリなど、
デビルメイクライらしさに欠ける点もマイナスでしょうか。

ですが、銃が強いのもあり、個人的には思ったよりも楽しめた作品でした。
私がそもそも銃での遠距離攻撃が好きでしたし。

デビルメイクライ3SE

SEはスペシャルエディションの略で、
後発で出た調整と追加要素の入ったバージョンのことです。

3は難易度は丁度1と2の中間ぐらいでしょうか?
ゲームモードの選択でその場コンティニュー出来るモードと
1の様にコンティニューにアイテムが必要なモードも選択出来ますし。

3の最大の特徴はダンテのスタイルアクションです。
幾つかのスタイル(ソードマスター、トリックスターなど)があり、
それぞれ特徴のあるアクションを行う事が出来ます。

ソードマスターなら剣などの近接武器のアクションが豊富に、
トリックスターならダッシュなどの移動系のアクションが豊富に、
といった具合。

このスタイルを切り替えて遊ぶ事が出来る上に、スタイルレベルが存在し、
スタイルレベルの上昇でアクションの数も増えていきます。

これらの要素がアクションゲームとしての幅と奥深さを広げ
何度遊んでも楽しめるようなゲームになっていますね。
未だに根強い人気を誇る理由の一つでしょう。

また、作中のキーパーソンでもあるダンテの兄、バージルも
ダンテで本編クリアすれば操作出来るようになります。

バージルは居合を使うのもあり、こちらも
スタイリッシュなアクションを楽しめるキャラクターです。

ボスや通常の敵も程よい強さで攻略しがいもあり
かなり楽しめた作品でした。

総評

リマスターとしては酷い出来で、
シリーズファンほど落胆した作品でしょう。

ですが収録されているゲーム自体の内容は非常に面白く
部分的に粗いムービーに目をつむれば十分楽しめるゲームです。

過去作をプレイしたいと言う方は不具合や部分的な粗さを事前に知っていれば
満足出来る作品になっていると思います。

メーカーとしての怠慢も見え、残念な気持ちにはなりますが、
私自身は十分楽しめた作品でした。

 

タグ

2012年10月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:PS3

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ