ダークソウルの感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

名作デモンズソウルの続編、ダークソウルのレビューです。
正確には続編ではなく話の繋がりなどもありませんが、
基本的なシステムが同じなので続編と捉えて差し支えないでしょう。

基本的にはデモンズソウルと同じシステムが多いので前作のレビューも参考にどうぞ。

概要

今回もステージを攻略しながらボスを倒していく形ですが、
前作のようにステージが独立しているのではなく、
全て繋がっています。

前作だと城や坑道と言った形で大きなステージが合計で5つあってそれを順次攻略していくのですが、今作は全ての場所がシームレスで繋がっているのでより広大な世界を探索する楽しみがあります。

前作のキーがデーモンとソウルとだとしたら、
今回は不死と篝火といったところでしょうか。

人間性を捧げるというのも面白いキャッチフレーズだと思います。
相変わらずの難易度とバランスと達成感は流石ですね。


亡者戦士との戦闘。ほぼ前作のまんまですね。

購入のきっかけ

やはり前作デモンズソウルが面白かったからですね。
こちらは発売日に購入しました。

ただ途中である程度満足してしまって、クリアしたのは半年後ぐらいでした。
デモンズよりもボリュームはありますね。

私がクリアにかかったのは50~60時間ぐらいです。

良かった点

広大なマップ

最初にどこにいっていいかわからないぐらい、
非常に広いマップです。

あちこちがいろんなところと繋がっているので、
まさに探索する楽しみが味わえます。

鍵を入手したり、イベントを進めたりすることで
以前進めなかったところの先に行けたりもします。

若干迷子になりがちではありますが、
その迷子もダークソウルの醍醐味の一つだと思います。


美しい景色。太陽の光が印象的な場所が多いです。

相変わらずの達成感

おそらく単純な難易度に関してはデモンズソウルより難しいです。

敵の思考パターンが強化されているのが特に顕著で、
一度こちらを認識するとどこまででも追ってきますし。

敵の数自体も多めに配置されているので、
前以上に慎重に進まないといけない難易度になっています。

だからこそボスを倒した時の達成感はやはり素晴らしいですね。
思わずガッツポーズをとった時が何度かあります。

その他システムなどはデモンズソウルに準じていて、
それらの良さを上手く引き継いでいますね。

レベルアップやソウル、ソウルロストなども
デモンズと同様のシステムで面白さもそのままです。


前作同様オンラインではメッセージを残せます。大きなヒントもあるかも?

悪かった点

若干、デモンズやった人向けの調整と言うか難易度にしたのかな?
と思うところはあります。

パッチで大分和らいでますが、
敵の多さなどはダークソウルから入った人は
かなりキツイのではないでしょうか。

特に回復アイテムが限られている(篝火で補給可能)のはキツイですね。

補給すると篝火で休憩するために敵も復活しますし、
よりダメージを受けない戦い方を強いられるので難易度が上がっている要因だと思います。

何かしら稼げる回復手段が用意されていた方が間口は広がったのではないかと。

またこれも良し悪しな面ですが、迷子になりがちなところですね。

一応イベント上の明確な目的は示されるのですが、
ヒントなどはあまりなく、自分で探索しながら見つけていくしかないので。

どうしても分からない時はネットなどで調べるのも今はひとつの手だと思います。

そこに探す楽しみを見いだせる人には良い点だとは思いますが、
全く進まないのもモチベーション的にもキツイですし。

そして個人的に一番悪かった点は処理落ちするステージですね。

非常に広大な空間があるステージなので分からないでもないですが、
処理落ちと相まって普段しない3D酔いを初めて若干味わいました。

そのステージ自体暗い場所なので重さがかなりネックでキツかったです。
デモンズで3D酔いがヒドイ人などにはちょっとオススメ出来ない部分ですね。

オススメしたい人

デモンズソウル経験者にはやはりオススメでしょうか。

特に前作やりすぎて
難易度がアレでも物足りないと言う人には持って来いだと思います。

またオンラインもやはり前作に比べると今でも人が居るので、
そちらを楽しみたい人もこちらがいいかも知れません。

逆に前作未経験者には私はデモンズソウルをオススメします。

ダークソウルの方がやはり難易度高いと思いますし、
そういった調整で考えると前作の方が無難にまとまっているので。

回復アイテムなども前作は沢山ストックしておくことが可能ですし。

ワンポイント攻略

基本的にはデモンズソウルと同様、
死んで覚えるぐらいの気持ちは大事です。

デモンズソウル以上に敵が多めに配置されているので、
ソロプレイするなら敵をおびき寄せることも大事になります。

ダークソウルは基本的に
回復がデモンズと違って限られているので、
ダメージを抑えながら進むと言うのも重要です。

どうしても回復が足りない場合は
人間性を捧げて注ぎ火も視野に入れるとよいでしょう。

聖職者でなくとも、
信仰に10振って回復の奇跡を使えるようになると探索の際非常に便利です。

また敵の多さやボス戦がキツい場合はオンラインプレイもオススメです。
デモンズに比べると比較的序盤から出来ますし。

生身になるには人間性が必要で、
それが足りない場合は自分でサインを出して
他の人を助けてボス撃破まで出来れば、人間性は得られます。

その人間性を使って生身になり、
味方を召喚すれば大分楽に進める事ができるでしょう。

総評

良くも悪くも続編といった感じでしょうか。

凄く面白いのですが、個人的には何度も言うように
バランスなどは前作の方が良かったと思いますし。

ただこちらから始めて十分楽しんでる人も多くいるので、
ここは個人差の範囲でしょうか。

どうせやるなら新作から!という方はダークソウルからで問題ないと思います。

逆にちょっと不安に思っている方は
値段的にも前作を遊んでみて合うかどうか判断してはいかがでしょうか?

未だにオンラインは賑わっているので始めるのが遅いということはないと思います。
気になっている方は是非手にとってみて欲しい作品ですね。

前作のデモンズソウルの感想やレビューはこちら  

管理人より一言

ダークソウルをクリアはしていませんがプレイはしていますので一言だけ。

おおむねがくさんのレビューと同じ感想で、
その中でも特により広大な世界を探索する楽しみがあります。
という一文は私も同意見です。

個人的にデモンズの場合、最初の城で何度も死んではまた城へ、を何度も繰り返した口で、楽しかったのは楽しかったのですが、プレイの序盤でどうしてもダレたり飽きたりしちゃう時があったんですよね。

それに比べるとダークソウルは最初からあちこち行けますので、
この点はデモンズよりも好きだったりします。

まぁそのぶん最初から難しいところに行って
サクサクやられたりするんですけどね・・・それもこのゲームの愛嬌かなと。

「あれ?こっちじゃないの?」と模索しながらぜひプレイして欲しいです。

 

タグ

2012年5月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:PS3

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ