ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊の感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊の感想・レビューです。
ポケダンシリーズは初めてでしたが、十分に楽しめました。

pokedansora1

概要

ポケモンが登場する不思議のダンジョンシリーズの作品です。

本家のシリーズと異なり、主人公自身もポケモンで、
人間が一切登場せず、ポケモンのみが生息する世界が舞台となります。
ポケモンが普通に喋るのも特徴ですね。

本作空の探検隊は「時の探検隊・闇の探検隊」に追加要素が加わった形ですね。
本家で言うところのルビー・サファイアに対するエメラルド、
ダイアモンド・パールに対するプラチナみたいな立ち位置です。

登場ポケモンはダイアモンド・パールに登場するポケモンまで。
発売時期的にブラック・ホワイトからのポケモンは出て来ません。

通常の不思議のダンジョン系と違うのはレベルなどが引き継ぐ点と、
アイテムなども持ち込みが可能で、
死んでも消えるのは所持品・所持金の半分のみという点ですね。

通常のRPGで戦闘・ダンジョン部分が
不思議のダンジョン(自動生成ダンジョン)となっている、
という認識の方が分かりやすいかも知れません。

ポケモン特有の進化システムも一応ありますが、
実際に進化が可能になるのはクリア後のイベントをこなしてからとなっています。

個人的な大まかな感想

ポケダンシリーズとしては初めての作品でしたが、
正直予想以上に面白かったです。

不思議のダンジョン系にしては恐らく難易度は低めですが、
対象年齢を考えると打倒なところでしょう。
私は普段あまり不思議のダンジョン系はやらないので丁度良かったです。

何より良かったのは心温まるストーリーですね。
メインエピソードもサブエピソードもそれぞれに楽しめました。

あと、ポケモン本家とは違って育成的な要素は少ないと思います。
わざマシンなどのシステムはあるにはありますが。
ポケモンのキャラを使った普通のRPG、というイメージが強いですね。

心温まるストーリー

一番良かったと思う点はやはりここですね。
ポケダンシリーズはだいたいこんな感じのストーリーらしいのですが、
私はこれが初めてだったので、新鮮でした。

主人公は元人間なのに何故かポケモンになってしまった、というのが始まり。
そしてポケモンのみが暮らす世界でパートナーと出会い、
ギルドに入れて貰って一人前を目指す、と言うのが本編ですね。

主人公は候補のポケモンの中から心理テストみたいな質問を経て、
自動的に選ばれる仕組みだったと思います。
うろ覚えですがパートナーも同様のシステムだったかと。
私は主人公ヒトカゲ、パートナーイーブイでした。

メインストーリー

メインストーリーは主人公達を操作して、
探検隊のギルドに持ち込まれる依頼をこなしながら進んでいきます。
いくつか依頼をこなすと、メインストーリーが進む感じですね。

pokedansora2
依頼はこんな感じ。ダンジョンに潜って、探したり届けたり助けたり。

最初は不慣れな主人公とパートナーが冒険を通して成長していく
という正に王道な展開だったと思います。

特にパートナーがかなりヘタレで、
それが少しずつ成長していくのが好きでした。

徐々に一人前の探検隊として成長していくのですが、
その過程で世界を揺るがす程の大事に巻き込まれて、
最終的に世界を救うために行動する、というのも王道ですね。

細かい内容までは正直覚えてないのですが、
道中の細かいエピソードや最終的にハッピーエンドを迎える部分含め、
とにかくやっててほんわかする物語だったと思います。

のんびりプレイ出来て心温まる、そういう印象が強い作品ですね。

スペシャルエピソード

メインストーリーで出てくる、探検隊の他のメンバーなどの
エピソードを描いたスペシャルエピソードもプレイできます。

メインストーリーの進行状況に合わせて解禁され、
本編とは別にそのエピソード毎の操作キャラでやる、
ショートストーリーみたいな感じですね。

これもそれぞれにほっこりすると言うか、
絵本でありそうな感じの話で良かった覚えがあります。
特に探検隊の親方であるプクリンの幼少時代の話とか好きでした。

双方合わせて、全体的に童話みたいな印象を抱きました。
小さい頃に寝る前に読んでもらった絵本だとか、
そういうのを思い出す雰囲気が特に好きな作品です。

やり込み要素も結構ある

本編クリアまでもそこそこのボリュームがあったとは思いますが、
やり込み要素も結構ありまして。

クリア後に解禁されるダンジョンが中々に多く
クリア後のエピソードをこなしていくと更に増える感じで。

最終的にはポケモンの進化が解禁され、
更にダンジョンの奥にいる伝説のポケモンなども仲間に出来るようになります。

それをやっていくとなると結構な量があり、
私は全部やるまではいかなかったですが、それなりの時間楽しむ事は出来ました。
最終的なプレイ時間は50時間ぐらい。

メインストーリーだけでも十分楽しめますが、
やり込む余地もあるのは 単純に嬉しい部分ですね。

好きな仲間を入れて、進化させて、といったポケモンならではの部分もありますし、
そういった要素を遊びたい人も楽しめるでしょう。

進化などの要素はクリア後なのには注意

ただし、それらの要素はあくまでクリア後のおまけであり、
本編を進めている最中にポケモンを進化させたりすることは出来ません。

ポケモンの本家の方の認識で、すぐに進化出来るものと思っていると、
ちょっと違うな、と思ってしまうかも知れないので注意が必要です。

pokedansora3
進化した主人公・パートナーを操作出来るのはクリア後

また主人公のポケモンは先述の通り、心理テストみたいなのに答えて、
自動で選択されるのも注意点ですね。

特に主人公で特定のポケモンを使いたい人は事前に知っておいたほうがいいかと。
リーダーの入れ替え解禁も確か進化の解禁と同時期だったと思いますし。

すぐにそういった要素を含めて遊びたいと言う人は注意が必要です。

良くも悪くも基本は不思議のダンジョン

ほんわかするストーリーや、やり込める要素はあるものの、
やはり基本は不思議のダンジョン系の作品です。

レベルなどが引き継がれるのは異なる点ですが、
ひたすらダンジョンに潜って行く点では変わりませんね。

ダンジョンもランダム生成で、罠やアイテムなどもランダムなので、
そういった要素が好きでない人には向いてない作品です。
やり込もうとなると特にそういった部分と向き合う必要がありますしね。

私は特に不思議のダンジョンが好きでも嫌いでもないので、
至って普通に進める事が出来ましたが、やり込みの段階に至ってから
流石に同じ事の繰り返しすぎて多少の飽きは感じました

本編を進めている最中は物語が挿入されますが、
終わってからは自分で目的持ってやっていくだけですし。
不思議のダンジョン系が好きな人はそれが楽しいと感じるのかも知れませんが。

総評

やはりこの作品は心温まるストーリーが何より良かった部分ですね。
本編中が一番楽しいと思ってプレイ出来ましたし。

クリア後に関してはそこそこ、と言ったところでしょうか?
新しいダンジョンをクリアして伝説ポケモンを仲間にするのは
最初は楽しかったですが、徐々に飽きていった感はあります。

ただ、本編だけで十二分に楽しめるので、
心温まる話に興味がある人にはオススメ出来るかと。

絵本の様な雰囲気の話が好きな人、そういうほんわか系RPGが好きな人だと
より楽しめる作品だと思います。
具体的な作品だと、ポポロクロイス系なんかは近い雰囲気を感じますね。

不思議なダンジョンとしての難易度は全体的に低めですが、
ポケモンを操作してダンジョンに潜るのは楽しかったです。
そういう部分でやってみたいと思うのであればオススメ出来ます。

 

タグ

2013年1月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:DS

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ