世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神の感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

3DS用ソフト、世界樹の迷宮Ⅳ 伝承の巨神の感想とレビューです。

シリーズ4作目の本作は初心者から経験者まで楽しめるものに仕上がっています。

sekaiju4_1

概要

ウィザードリィを彷彿とさせる3DダンジョンRPGで、
遊びごたえのある難易度と下画面で地図を書きながら進むという、
独自のスタンスを確立して人気となった世界樹の迷宮シリーズ4作目の作品ですね。

sekaiju4_2
下画面で自分なりの地図を書いていく。

キャラメイク型のRPGで任意の職業でキャラを作成し、遊ぶ事が出来ます。

キャラクターデザインはシリーズ通して日向悠二氏が担当し、
可愛らしい絵が特徴ですね。

音楽担当もシリーズ通して古代祐三氏が担当、こちらも根強い人気があります。

更に今回は美術背景に「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」などの
美術監督を務められた、山本二三氏が新たに加わっています。

今回は3DSでハードが進化したのもあり背景が非常に綺麗で感心したのですが、
まさかあのスタジオジブリ作品を手がけた方が制作に関わっていたとは・・・。

sekaiju4_3
美しい背景と待ち受けるシンボル型の敵

そんな豪華なメンツで制作された世界樹の迷宮4は遊びやすさもアップしており、
非常に完成度の高い作品に仕上がっています。

カジュアルモード搭載で初心者にも入りやすい仕様に

ハードの進化に合わせてのグラフィック・音質などの進化も勿論素晴らしいのですが、やはり今作の大きな特徴として難易度カジュアルの追加が挙げられます。

私は一応世界樹Ⅲはプレイしていて経験者なのですが、
その難易度と時間のかかり具合に中々苦労しました。

それが世界樹Ⅳでは新規の人も遊びやすいようにと
低難易度のカジュアルモードが選択可能に。

難易度切り替えはオプションからいつでも変更可能なので、
自分の遊びたい難易度で遊ぶ事が出来ます。

カジュアルモードでは被ダメージ減少、加ダメージ増加で単純に難易度が落ちているだけでなく、全滅しても街に戻されるだけでペナルティなし、街に帰還するアイテムが使っても無くならないなどの配慮も。

カジュアルだから発生しないイベントなどもなく、ペナルティと言えば
ギルドカードの称号が一部ノーマルでないと取れないぐらいです。

私も今作はせっかくだからカジュアルでプレイしてみたのですが、
非常に快適に遊ぶことが出来ました。

世界樹と言えば遊びごたえのある難易度がお馴染みですが、
その分若干敷居が高いというのは否めませんでした。

それがユーザー側の選択でいつもの世界樹がやりたい人はノーマル、
サクサク進めたい人や初めてプレイする場合はカジュアルと
選べるようになったのは嬉しい仕様です。

職業のバランスも良好、ストーリーも今回は明るめ

キャラメイク型のRPGでやはり気になるのは職業間のバランスですが、
今作はそれも良好でどの職業を使っても充分に攻略可能です。

どの職業にも利点欠点があり、更にスキルポイントの振り方で個性も出てきます。

自分の選んだ5人で上手くスキルを振り、
相乗効果を生んだ時は中々の快感を味わえます。

また今作は休養(レベルを下げてSPをリセット)のレベルダウンが2しか下がらない為、比較的容易にスキルの振りなおしが可能なのは大きいです。

色んな型を試しながら自分に合うスタイルを探す際に手間があまりかかりません。

更に今作はそもそもレベル自体上がりやすいので戦力もすぐ回復しますし。

 

ストーリーも今作は世界樹にしては明るめの内容です。

あまり陰謀などが渦巻いたりせず、
冒険者として世界を「開拓」していく楽しみが味わえます。

私がプレイした前作が比較的暗い感じだったのでよりそう感じるのかも知れません。

新システムの「気球で世界を探索し新しいダンジョンを見つける」という要素も
より開拓気分を盛り上げてくれますね。

システムとストーリーが上手い形でシナジーを生んでいると思います。

シリーズ未経験者も経験者も楽しめる

カジュアルの搭載で今作から世界樹をプレイしようとしている人も遊びやすく、
シリーズへの入りとしてもオススメです。

勿論シリーズを遊んでる人も安定して楽しめる完成度になっています。

ワンポイント攻略

まず難易度設定ですが、進行していて苦戦するようであれば
無理せずにカジュアルでプレイすることをオススメします。

ペナルティもありませんし、
ヌルいと感じるようであればいつでもノーマルに戻せますし。

ダンジョンの探索では無理しない事が大事です。

帰還用のアイテムのアリアドネの糸は必ず携帯しておいて、
危なくなったり消耗してきたら無理せず一度帰還しましょう。

一部を除いてショートカットが出来る場所は目印がついているので、
そこを開通させていけば奥に進む際なども楽になっていきます。

職業に関しては不安であれば最初はメディックを入れておくと安心です。

またメディックが居てもある程度アイテムは持ち歩いておき、
危なくなったらケチらずに使いましょう。

基本的なところはこんなところでしょうか。

ですが世界樹は自分のやりたい様に遊ぶのが一番楽しいです。

世界樹風に言うと、
「君はこのワンポイント攻略を参考にしてもいいし無視してもいい」
と言った感じでしょうか。

総評

正直予想以上に楽しくてハマってしまい、
難易度カジュアルのままでしたが1週間でクリアしてしまいました。

今は難易度ノーマルにして使ってない職業を使いながら2周目を楽しんでいます。

作品として面白いのは勿論ですが、
何より粗の少ない完成度の高さが素晴らしいです。

難易度も選べますし、初心者から経験者までオススメ出来る良作でしょう。

 

タグ

2012年7月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:3DS

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ