プロジェクトクロスゾーンの感想・レビュー

[著:がく(副管理人)]

プロジェクトクロスゾーンの感想・レビューです。
残念ながら途中でプレイをやめてしまったゲームです。

プロジェクトクロスゾーンのパッケージ画像

概要

カプコン、セガ、バンダイナムコゲームスの様々なゲームキャラが登場する、
お祭り系のオールスターゲームです。

シミュレーションRPGとなっており、
1話、2話と進んでいくのはスパロボなどと同じです。

マップはシミュレーションらしく、コマのようにユニットを動かす形です。

プロジェクトクロスゾーンのマップシステムの画像
コマの様にユニットを動かすタイプ。画像はPVより撮影。

戦闘システムは無限のフロンティアなどと近い形になっています。
他に類似するゲームで言えばヴァルキリープロファイルで、
ボタンを押すと対応した攻撃をキャラが繰り広げるタイプの戦闘ですね。

戦闘は後で触れる際にPVを貼っていますので、そちらも参考になるかと思います。

ステージにかかる時間が長く、基本的にテンポの悪いゲームで、
かつお祭りゲームの割りには全ユニットを使わなければならないなど、
気になる点が多く、途中でプレイをやめてしまいました。

全く楽しくないわけではないですが、
求めていた内容とは違った、というのが正直な感想です。

ストーリーと参戦作品に関して

ストーリーは途中でやめたので触れてませんが、
あまりそこを重視するゲームではないかと思います。

ゲーム中でも話毎の合間にキャラの会話がありますが、
スパロボに比べるとかなりアッサリ気味でした。

色んなキャラが出演している雰囲気を楽しむゲームなのでしょう。

また、参戦作品については公式サイトなどを参照ください。
かなり数が多いのでここでは割愛しておきます。

買ったきっかけ

色んなゲームからキャラが参戦する、
お祭り系のSRPGということで、私はスパロボを想像していました。

そして参戦作品を見た時に、
ヴァンパイアシリーズからレイレイなどが、
デビルメイクライシリーズからダンテなどが登場する事を知り、購入に至りました。

他にもテイルズオブヴェスペリアやスパロボOGシリーズなど、
やったことのある作品からのキャラが参戦と知ったのも
購入の後押しとなりましたね。

ただ残念ながらシステムの関係で想像していたもの(スパロボ)とは違い、
そのギャップでイマイチ楽しめなかったゲームです。

全キャラを使う必要がある

これが一番想像と違っていたところで予想外でした。

このゲーム、出撃ユニットなどを選択することなく、
仲間になっている全ユニットが毎回出撃します。

なので、お気に入りのユニットだけで戦う、みたいな事が
システム上、出来ないようになっているわけです。

レベルも上にレベル差があると上がりやすく、
逆に下にレベル差があるともらえる経験値が減るタイプのシステム。

お気に入りユニットだけを鍛えて無双、
なんて事も出来ないゲームになっています。

そこがスパロボと大きく違う点で、一番残念な点でした。

こういうオールスターゲームは好きなキャラを使うのが楽しいのであり、
強制的に全ユニット使うのはちょっと違うだろう、と。

これからやろうとする人は、まずここを知っておいた方がいいかと思います。

逆にそれが受け入れられるのであれば、
次に書くテンポの悪さもそこまで気にならないかも知れません。

1ステージにかかる時間の長さ

全ユニット強制出撃ということもあってか、
敵ユニットも大量に出てきます。

この数が割とうんざりするぐらいに多く、
1ステージ辺りに結構な時間がかかってきます

序盤でも30分以上かかることがすぐに増えてきて、
私は途中で止まりましたが、終盤まで行くと1時間以上かかるのが普通だとか。

全然興味ない作品のユニットも動かさないといけないのに、
更にステージ毎にかかる時間が長くテンポも悪いのが
私にとってはかなり痛い追い打ちとなってしまいました。

楽しい部分もあったのですが、それ以上に面倒に感じる部分が先行したため、
やらなくなってしまったといったところです。

戦闘システム自体は面白い

ボタンを押して対応する攻撃を繋げていくだけの簡単戦闘ですが、
戦闘自体はよく出来ていて面白かったです。

キャラの動きが原作の動きを上手く再現しているのも良かったですし、
アニメーションの出来もよくかなり動いてくれます。

攻撃もタイミング良く相手が落ちる前に攻撃を当てるとクリティカルが出せたり、
単純ながらコンボを繋げる楽しみもあったりと、
戦闘自体は飽きさせない工夫が凝らされています。

決め技もかなり爽快でド派手、
演出も長いですが、きちんとカット機能もついててストレスもなし。

戦闘部分に関してはほぼ文句のない出来でした

具体的に動いてるとこを見ると出来の良さがわかると思うので、
公式PVを記載しておきます。

良く出来ているだけに前述の部分がなければ・・・と
思わずにはいられませんね。

オススメしたい人

参戦している作品が好きな人に・・・と言いたいところですが、
私のように好きなキャラだけを使いたい人にはオススメ出来ないゲームです。

スパロボのように好きなユニットを鍛えて、
ほぼそれだけで攻略出来るようなゲームではありません。

劇的に難易度が高いわけではないですが、
全体的にユニットを動かす必要があります。

なので参戦作品で知らない作品も含めて、
全ユニット動かすのを苦に思わない人じゃないと厳しいゲームでしょう。

そういったところに抵抗感なく、
時間がかかるシミュレーションも好きな方であれば、
楽しめるゲームになっていると思います。

今は比較的安価になりましたし、
グリグリ動くキャラを眺めたい、という目的で買うのもアリかも知れませんね。

総評

求めていたゲームと方向性が違った作品でした。

好きなキャラを鍛えたり使ったり出来る、
スパロボタイプだと思って購入すると痛い目を見るかと思います。

知っているキャラだけを鍛えて動かすだけでいいのであれば、
ステージの長さも気にならなかったと思うだけに、個人的には残念ですね。

戦闘やアニメーションは良く出来ているので、
そういった部分で楽しめる人には向いてるゲームでしょう。

私はその面白さよりも面倒さの方が強く感じられたので、
結局途中で止まったままプレイを止めてしまいました。

もう少し色々と調べてから購入するべきだったと後悔したゲームです。

 

タグ

2013年5月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:3DS

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事やソフトへの感想・質問など気軽にコメントどうぞ~(^o^)/

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ